穏やかな時間/小林恭一遺作集

トップページへ
鉄路詩情
海辺の風景
静物は語る
旅の情景
心象の中に
作者プロフィール


鉄路詩情


臨港線


臨港線

〈w850×h1,150mm〉
平成6年第41回交通人総合文化展で日本画部門二席の作品。当時東京住まいの私が、JR車内の吊り広告で父のこの絵を見つけたときの驚きを、今でも鮮明に記憶しています。
臨港線のレールの先に海が広がり、鉄道好きにはたまらない構図。いずれ廃線になるのでしょうか。作業員の背中が、どこか寂しさを感じさせます。

次に進む 前に戻る 作品一覧



Copyright 2016 Naoki Kobayashi. All rights reserved.

穏やかな時間/小林恭一遺作集