穏やかな時間/小林恭一遺作集

トップページへ
鉄路詩情
海辺の風景
静物は語る
旅の情景
心象の中に
作者プロフィール


鉄路詩情



夜の小さな駅


夜の小さな駅

〈w1,500×h900mm〉
父の記念すべき作品で、平成2年第37回交通人総合文化展で日本画部門一席 。
当時の審査員平山郁夫氏の批評です。「暗さと明るさの対比が非常に上手に組み合わされています。直線主体の構図であり、その直線の方向が非常に効果的に画面の緊張感を与えています。」
父が40年近く通勤で利用した最寄り駅、名鉄の呼続駅を描いたもの。小さな無人駅がとても立派に見えて印象的です。

次に進む 作品一覧



Copyright 2016 Naoki Kobayashi. All rights reserved.

穏やかな時間/小林恭一遺作集