【香泉のイメージトレーニング】vol.37
(文:香泉 2003年12月7日)


チカッ チカッ ・・・スッ!

  ねえ、君はどこに住んでいるのだろう
  あの雲の中だろうか
  それともあの白い山の頂きだろうか
  君の体はとてもとても大きくて長いから
  空ほどもある広い世界じゃないと
  自由に飛べなくなってしまうよね

チカッ チカッ ・・・

  もしもぼくのこころが
    空みたいに広くなったなら
      君はこのこころの中でだって
        悠々と飛んでいたりするのかな

チカリ チカリ ・・・

  龍が住めるようなこころを持ったなら
    ぼくの夜はどんな夢で
      満たされていくことだろう
        そして朝には
          どれだけの希望が
            溢れていることだろう

  たとえ−
  風や雨の吹き荒れることがあったとしても
  空の高いところで燦々としている
  あの太陽の輝きがいつだって
  ぼくには本当になるんだね


チカッ チカッ …光が飛んで光が消える

ピカリ ピカリ …光が闇を満たしてる

(vol.37 おしまい)

インデックス
・イメージトレーニング vol.1
・イメージトレーニング vol.2
・イメージトレーニング vol.3
・イメージトレーニング vol.4
・イメージトレーニング vol.5
・イメージトレーニング vol.6
・イメージトレーニング vol.7
・イメージトレーニング vol.8
・イメージトレーニング vol.9
・イメージトレーニング vol.10
・イメージトレーニング vol.11
・イメージトレーニング vol.12
・イメージトレーニング vol.13
・イメージトレーニング vol.14
・イメージトレーニング vol.15
・イメージトレーニング vol.16
・イメージトレーニング vol.17
・イメージトレーニング vol.18
・イメージトレーニング vol.19
・イメージトレーニング vol.20
・イメージトレーニング vol.21
・イメージトレーニング vol.22
・イメージトレーニング vol.23
・イメージトレーニング vol.24
・イメージトレーニング vol.25
・イメージトレーニング vol.26
・イメージトレーニング vol.27
・イメージトレーニング vol.28
・イメージトレーニング vol.29
・イメージトレーニング vol.30
・イメージトレーニング vol.31
・イメージトレーニング vol.32
・イメージトレーニング vol.33
・イメージトレーニング vol.34
・イメージトレーニング vol.35
・イメージトレーニング vol.36
・イメージトレーニング vol.37
・イメージトレーニング vol.38
・イメージトレーニング vol.39

・イメージトレーニング vol.40


トップページに戻る。