四条派の画家たち〉


 「京師の画、円翁(円山応挙)に一変し、呉叟(呉春)に再変す」(頼山陽『雲烟略伝』)。円山応挙門下の呉春こと松村月渓は、若いころ与謝蕪村のもとで俳諧と絵画を学んでいたが、応挙に師事するようになった後もその文学的な資質を失わず、むしろ積極的に応挙の写実主義との合体を試みた。その結果、円山派の持つ理知的で冷ややかな感じさえする写実画風に、人間的な温か味を付け加える新しい流派を生み出すことになった。この流派を、呉春とその弟子たちが住んでいた場所から「四条派」と名付けている。これは、一八世紀円山派の客観的写生から一九世紀四条派の抒情性へ、という時代的な好みを反映したものでもある。この四条派からやがて竹内栖鳳、西山翠嶂など、近代日本画の中心を東京と分け合う京都画壇の作家たちが誕生していった。

 当(名古屋)地方への四条派の移入は、張月樵の系列が主に織田共樵、杏斎の親子を通じて近代まで至ったほか、呉春の異母弟である松村景文の系列、野村玉渓の系列、そして呉春に私淑した佐々木月岱からの系列に整理できる。月樵からの系列は、月樵自体が師の呉春を飛び越えて、応挙風の強く大きく豊かな線描を身につけていたため、雄渾な筆致に特徴のある画家が続いた。景文の系列では立松義寅、浅井星洲、小栗伯圭らが、四条派特有の抒情性と写実的表現からなる作品で世に知られた。

 だが何と言っても大きかったのは、野村玉渓の系列である。「名古屋四条派の祖」とさえいわれるほど数多くの有能な門人を育成した。弟子の奥村石蘭を中心に鷲見春岳、若林素文らからさらに、明治に入って各展覧会で大活躍する多くの門人たち、たとえば小寺雲洞、加藤英舟、服部石仙や三浦石斎、
小林松僊らが巣立ち、幕末から明治にかけての尾張地方の絵画界を席巻する勢いであった。また円山、四条派以外では、「岸派」の岸駒に学んだ喜田華堂が品格の高い絵を描き、その実力は尾張藩にも認められ、御用絵師として登用されるまでになった。「原派」「森派」「望月派」の影響を受けるものは、あまり知られていない。

 いずれにしても、当名古屋地方において明治以降の近代日本画へとその勢いを維持し、かつ新たに生まれ変わる原動力になったのは、「南画派」でも「浮世絵派」でもなく、ましてや「狩野派」や「土佐派」ではなく、この「京派」に端を発するいくつかの系列であった。その理由として考えられるのは、ひとつは予備知識や歴史的な知識を持っていなくても分かり易く、かつ感情移入も容易な一般庶民向けの絵画であったこと、さらには写実を基本として重視する絵画であったため、幕末から明治にかけて入ってきた西洋画のリアリズムにもさほどショックを受けなかったこと、主な支持基盤は商人、町人層であるが、明治以降もそれらの人々の経済力は衰えなかったこと、円山派や四条派の基盤は持ちながらも他画派の特徴をも取り入れていく雑食性を持っていたこと、などである。

 大正中期の東京、京都両美術学校卒業生の若手画家を中心とした一大世代交代の波が、名古屋の美術界を襲うまで、かれら「京派」の弟子やそのまた弟子にあたる人々によって、近代名古屋の日本画は展開されていった。
(『新修名古屋市史第4巻』より)