作者紹介
小林恭一
愛知県名古屋市在住


略 歴
大正7年4月
昭和11年
昭和14年
昭和20年
昭和21年








平成27年4月
日本画家・小林松僊の長男として生まる
国鉄に就職
応召(内地勤務)
中津川市の疎開先へ復員
父・松僊死去
通夜の席で父のデスマスクを写生、これを機に絵を志す

以後、描くことを続け、国鉄100周年記念のオール国鉄展で総裁賞を受ける。また交通人総合展に継続応募し、たびたび受賞
写生の会「ちくさ美術」に所属。公募展には一切応募せず、無所属。俳句雑誌・太田嗟主宰「恵那」同人


名古屋市の自宅で永眠

表紙回帰 展示順路 身辺雑記